So-net無料ブログ作成

社保庁OBを更迭 厚労相 野党時代の“宿敵”(産経新聞)

 厚生労働省所管の独立行政法人の役員人事(4月1日付)で、元社会保険庁運営部長の青柳親房氏(56)が天下り先の福祉医療機構の総括理事から更迭されることが30日、分かった。総括理事ポストは公募され、外部有識者による選考委員会は青柳氏の続投を求めたが、長妻昭厚労相が「改革意欲に欠ける」と判断したようだ。

 青柳氏は自公政権時代に、宙に浮いた年金記録の情報開示などをめぐり、野党の長妻氏と対決した“宿敵”。平成19年8月には記録問題の責任を問われる形で九州厚生局長に更迭された。21年7月に厚労省を退職し、9月から同機構の総括理事に就任していた。

 厚労省などによると、総括理事の公募に48人の応募があり、書類選考と選考委の面接で青柳氏に候補者が絞り込まれたが、長妻氏自らが青柳氏と面談し、続投拒否を決定したという。

<国交省>組織改編は前原カラー色濃く 4月1日実施(毎日新聞)
無断で寄付者に「首相から今も謝罪ない」(読売新聞)
沖縄核再配備は「密約」=有識者委報告に異論も−参考人質疑(時事通信)
<囲碁>挑戦権獲得目指し対決 本因坊戦リーグ最終戦(毎日新聞)
姫路城大天守しばしの別れ、桜楽しむ長い列(読売新聞)

築地市場の移転関連予算、予算特別委で可決(読売新聞)

 東京・築地市場の移転問題を巡って審議を続けてきた東京都議会の予算特別委員会は28日未明、移転関連予算を含む中央卸売市場会計予算案を可決した。

 30日の本会議で予算が成立する見通し。

 第1党の民主党が移転関連費のうち、用地取得費約1260億円を削除する修正案を提出する意向を示していたが、民主、自民、公明の3党が共同提案した「現在地再整備の検討結果を知事が尊重する」などとする付帯決議を盛り込むことで賛成に回った。

普天間移設 徳之島、4200人「反対」…島守ろうと集会(毎日新聞)
西松建設との和解を拒否=中国人強制連行で一部元原告(時事通信)
名古屋市の責任認める=「事故は予見可能」−火災現場で崩落、消防士死亡・地裁(時事通信)
「初めて知った」鉢呂議員、訂正検討 虚偽記載認める(産経新聞)
中井氏、女性問題を釈明「何か問題ならはっきり言って。つけられて分からなかったのは恥ずかしい」(産経新聞)

<村田元外務次官死去>日米密約調査を後押し(毎日新聞)

 日米密約の存在を証言した村田良平元外務事務次官が18日、死去した。国会の場で初めて事務次官経験者らが密約について語った衆院外務委員会の前日だった。村田氏も参考人招致を打診されたが、肺がんを患っていたため応じられなかった。

 村田氏は事務次官、駐米大使などを歴任。08年に出版した「村田良平回想録」(ミネルヴァ書房刊)で日米安保条約改定時の核持ち込み密約があったと明らかにした。昨年6月には毎日新聞の取材に対し、前任次官から密約の引き継ぎを受けたことも証言。政権交代後の外務省の密約調査を後押しする形になった。【大貫智子】

【関連ニュース】
訃報:村田良平さん80歳=元外務次官、核密約問題で証言
日米密約:西山さん「裁かれてしかるべき者裁かれず…」
日米密約:衆院委で参考人質疑「文書破棄の可能性」
日米密約:横須賀市議会が非核三原則順守の意見書案可決
岡田外相:「時の政権が判断」 米国の核艦船立ち寄り要求

「観念しろ」ひったくりの高校生に一喝 帰宅途中の警察官が逮捕(産経新聞)
“電光石火”…日本滞在わずか22時間 ティファニー強盗犯、足取り判明(産経新聞)
雑記帳 元牛舎を全面改造のカフェオープン 静岡・三島(毎日新聞)
普天間移設、2案で調整…関係閣僚会議(読売新聞)
与謝野勉強会、総裁除く執行部刷新を=谷垣氏に直接申し入れへ(時事通信)

<反貧困フェスタ>本紙記者に貧困ジャーナリズム賞(毎日新聞)

 貧困撲滅を目指す「反貧困フェスタ2010inみやぎ」(実行委、仙台弁護士会など主催)が20日、仙台市青葉区の仙台弁護士会館であった。08年に始まり、東京以外の開催は初めて。約440人が参加し、反貧困ネットワークの湯浅誠事務局長が基調講演。失業者への無料法律相談のほか、衣類や軽食を提供した。

 3回目となる貧困ジャーナリズム大賞が沖縄タイムスの与那嶺一枝記者(ホームレスの人間模様を描いた長期連載「生きるの譜」)に、貧困ジャーナリズム賞が毎日新聞東京本社の3記者(無料低額宿泊所に関する一連の報道)にそれぞれ贈られた。

【関連ニュース】
内閣府参与:湯浅誠氏が辞任 「一区切りがついた」として
国民健康保険:軽減後の収入ごとの保険料試算公表 厚労相
完全失業率:4.9% 0.3ポイント改善 1月
雇用:各党が政権公約に
雑誌:「ホームレスと社会」創刊 明石書店

長谷川等伯展 来場者が20万人を突破 東京国立博物館(毎日新聞)
最高裁判事に岡部喜代子氏、歴代4人目の女性(読売新聞)
民主党の介護議連が31日に発足(医療介護CBニュース)
太さ日本一のカシワ、青森にあった(読売新聞)
野生ニホンザル、花粉症で受難 兵庫・淡路島(産経新聞)

<愛子さま>学習院初等科の終業式出席 雅子さま付き添って(毎日新聞)

 皇太子ご夫妻の長女愛子さま(8)が16日、学習院初等科の終業式に出席した。皇太子妃雅子さまが付き添った。2年生の愛子さまは通学への不安感から学校を欠席、早退するなどしていた。

 愛子さまと雅子さまは午前9時前に車でお住まいの東宮御所を出て初等科正門に到着した。ご一家のお世話をする宮内庁東宮職の野村一成・東宮大夫は12日の定例記者会見で、愛子さまについて「ご通学への不安感は依然としてお持ちのようだ」と述べている。

札幌ホーム火災 未明の惨事、誘導難しく(毎日新聞)
コマツ、174億円申告漏れ=海外取引で国税指摘(時事通信)
<鳩山首相>ミス日本の女性7人が表敬訪問(毎日新聞)
「生活感、汗のにおいがない」=鳩山政権に苦言−田中元外相(時事通信)
鳩山元総務相、自民党を離党 新党に意欲「強力な野党を」(J-CASTニュース)

鳩山氏離党 与謝野氏「話聞く」、舛添氏「決めてない」(毎日新聞)

 鳩山邦夫元総務相が新党結成を目指して自民党に離党届を提出したことについて、16日も党内で余波が続き、閣僚からは批判的な意見が相次いだ。鳩山氏が連携相手として挙げた自民党の与謝野馨元財務省と舛添要一前厚生労働相は同日午前、それぞれ事態の推移を見極める姿勢を示し、今のところ鳩山氏に同調する動きは広がっていない。

【写真特集】政治家・鳩山邦夫氏の軌跡…親子3人自民党、民主党設立、兄を支えた過去も

 与謝野氏は16日午前、東京都内で記者団に「鳩山氏と連絡をとり、話を聞いてみようと思う。まず話をうかがうことが大事だ。何が起きているのか少し見てからものを考えないと」と述べ、同日中に鳩山氏と意見交換する考えを改めて示した。

 舛添氏は国会内で記者団に対し、昨夜、鳩山氏に電話で「(参院)予算委員会の筆頭理事を務めているので、今は専念すべき時期だ」と伝えたことを明らかにした。同氏との連携については「まだ何も決めてない。政治情勢もどうなるか分からない」と語った。

 与謝野氏に近く、15日に党幹事長代理を辞任した園田博之氏は毎日新聞のインタビューで「重要なのは民主党政権を倒すことだ。中堅・若手を登用するよう求めていく」と述べ、谷垣禎一総裁による執行部一新を求める考えを表明した。この日の自民党役員連絡会では「党が一つにまとまるための具体的な方策を考えるべきだ」などの意見が出された。

 閣僚の閣議後会見では冷ややかな反応が目立った。

 仙谷由人国家戦略担当相は「この種の行動を取るとすれば10年遅い。基本政策や理念がさっぱり見えない。『第三極』の旗というのは、『第三』という言葉だけ使えばいいっちゅう話じゃない」と酷評した。

 前原誠司国土交通相は、鳩山氏が与謝野氏と舛添氏をつなぐ「坂本龍馬」を目指す意欲を示していることに触れ、「私は坂本龍馬が大好きなので、極めて不快感を持っている。自民党の古い方々を薩長同盟になぞらえて『一緒にする』と言われても、『はあ?』という感じですね」と皮肉たっぷりに批判した。【坂口裕彦】

【関連ニュース】
【関連記事】鳩山邦夫氏:自民党離党 「4月末には新党」
鳩山首相:「弟は弟」連携を否定 邦夫氏、離党で
自民党:鳩山邦夫氏が新党結成に意欲
社説:鳩山政権半年 首相の「覚悟」が見えない
◇その日、兄の首相は◇ミス日本の女性7人が表敬訪問 ほおを緩めっぱなし

<工場火災>東大阪市で700平方メートル全焼 けが人なし(毎日新聞)
“ミスター年金”事務所視察で指示連発(読売新聞)
鳩山政権半年、支持率低迷で閣僚に悔しさにじむ(読売新聞)
菅氏「鳩山政権は胸突き八丁」 支持率続落に危機感?(産経新聞)
「あかつき」など公開=5月打ち上げの金星探査機−宇宙機構(時事通信)

有床診療所の評価「実質引き上げ」−厚労省担当者(医療介護CBニュース)

 厚生労働省保険局医療課の石井安彦長補佐は3月7日、診療報酬改定セミナー「ベール脱いだ民主政権下の医療改革2010年改定の核心を衝く」(じほう主催)で、地域医療を支える有床診療所への評価について、「実質的には引き上げを行っていると考えていただいてよろしいかと思う」と述べた。

 現行では、有床診療所入院基本料で最も高い点数は、看護職員の配置が5人以上の「有床診療所入院基本料1」(7日まで810点)だが、改定後は、看護職員の配置が7人以上の「有床診療所入院基本料1」(14日まで760点)で、50点低くなる。
 石井氏は、「今回の改定で、若干の誤解がある部分もあるかもしれない」と述べ、改定前後の点数を比較した。

 それによると、医師2人、看護職員8人の有床診療所が入院患者を受け入れた場合、現行では「同基本料1」(810点)と「医師配置加算」(60点)を算定すると、全体の点数は870点になる。
 これに対し、4月の改定では「有床診療所一般病床初期加算」(7日まで100点)が新設されるほか、現行60点の「医師配置加算」も要件を満たせば88点に上がり、全体では948点の算定が見込める。

 引き続き行われたシンポジウムでは、全日本病院協会の猪口雄二副会長が講演し、2010年度診療報酬改定の影響を診療所、中小病院などに分けて説明した。
 診療所については、再診料の2点引き下げが決まったものの、「ほとんどの診療所が地域医療貢献加算を取ると実質的には上がる」との見方を示した。また、外来管理加算の「5分要件」も外れたため、「実際はそんなに下がらないのかなという気もする」と指摘した。

 精神科に関しては、「精神科病棟『13対1』入院基本料」の新設により、日本精神科病院協会の内部に、「看護師の奪い合いが起きてしまう」と懸念する声があることを明らかにした。

 また、中小病院への影響については、急性期看護補助体制加算や医師事務作業補助体制加算、一般病棟看護必要度評価加算など、「『10対1』(を算定している病棟)は、取れるものがたくさんある」と指摘。「7対1」の体制を維持するのが困難なため、「『7対1』を『10対1』に落とす病院が増えるのかな、という気がしている」との考えを示した。


【関連記事】
2010年度診療報酬改定を告示
明細書、「正当な理由」あっても求めあれば発行−電子請求義務化の医療機関
地域医療貢献加算、複数診療所の対応も可
【中医協】2010年度診療報酬改定を答申
2010年度診療報酬改定のポイント(1)

無許可で犬大量飼育 兵庫県警 容疑で尼崎の業者逮捕(産経新聞)
「口、鼻、耳から血が流れ…」再現される秋葉原殺傷事件の惨状(産経新聞)
漁業被害拡大18億円超える 津波発生から1週間(河北新報)
<諫早湾>干拓事業開門 政府・与党検討委初会合(毎日新聞)
<パリコレ>日本人デザイナーが登場(毎日新聞)

新幹線台車破損 ギアカバー 油漏れ車内に煙(産経新聞)

 3日午後8時40分ごろ、山陽新幹線西明石−新神戸間を走行中の博多発東京行き「のぞみ56号」(16両編成)の12号車の乗客から「車内で『バチバチ』と音がして煙が充満している」と110番通報があった。

 JR西日本は新神戸駅で運転を打ち切って点検したところ、12号車の車体下部にあるモーターの駆動を車軸に伝えるアルミ製の「ギアカバー」が破損し、油が漏れた跡が見つかった。破片がオイルホースを傷つけ、油漏れにつながったとみて兵庫県警などで調べている。

 神戸市消防局によると、気分不良を訴えた乗客の男性(27)が病院に運ばれ、軽症。

 JR西によると、のぞみ56号は最新鋭車両のN700系。乗客は約600人だった。新神戸駅で停車した影響で、山陽新幹線は上下線で一時運転を見合わせた。

 消防局によると、破損が見つかったのは12号車の右側前寄りの車輪付近。

 兵庫県警によると、複数の乗客が12号車前方の天井付近から白い煙が出たと話している。漏れた油が飛び散り、走行中で熱を持った車体下部の金属に触れて白煙が上がったとみられる。

                   ◇

 ■「ゴゴゴ」床下から異音

 「ゴゴゴと床下で人が暴れているような音が響いた」。のぞみ56号12号車の複数の乗客の話を総合すると、最初に異変を感じたのは新幹線が岡山駅に停車する前後だった。

 「ゴゴゴ」という音とほぼ同時にビニールが焼け焦げたようなにおいが立ち込めた。乗客の一人は「姫路駅を過ぎて、においに気分が悪くなった途端、白い煙が一気に広がった」。乗客は左右を見回して落ち着きのない様子になった。

 その後、座席上の棚の上は煙で真っ白に。12号車の中央付近にいた男性会社員(34)がたまりかねて8両目にいた車掌を呼びにいった。「煙が充満している」。車掌はようやく事態を把握し。新神戸駅に停車する前には12号車の乗客は自主的にほかの車両に避難を始めていた。

サイバー攻撃に無防備、193自治体(読売新聞)
普天間移設で国民新・下地氏「決着先延ばしなら議員辞職」(産経新聞)
<たむろ防止装置>効果ありと判断 設置継続…東京・足立区(毎日新聞)
フラット35の金利低下=住宅機構(時事通信)
会計書類の一部見つからず=北教組、処分の可能性も−規正法違反事件・札幌地検(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。